お気軽にお問い合わせ下さい
アクセス
診療案内

歯科口腔外科 Oral surgery

口腔外科とは

歯科口腔外科とは顎口腔領域の外傷や腫瘍などを扱う診療科です。
お口の中や周囲に生ずる様々な疾患、あるいはそれらが全身的な問題と関連するような患者様における歯科治療を担当いたしております。
きじまデンタルクリニックでは、歯科口腔外科の治療に該当する患者様への対応も可能です。
きじまデンタルクリニックで対応できないケースは高次医療機関へ診療を依頼します。愛知学院大学歯学部付属病院などです。

歯科口腔外科の治療 -顎の中にできる嚢胞-

顎の中にできる嚢胞

写真は右上側切歯にできた歯根嚢胞です。悪性ではありませんので生命の危険はないですが大きくなると隣の歯の根っこを圧迫したり鼻腔底を押し上げたりする事があります。 これくらい大きくなると摘出するほうが無難です。

下記はきじまデンタルクリニックで対応可能な例です。該当する方は、きじまデンタルクリニックにご相談ください。

・親知らずなどの抜歯
・口腔領域の感染症
・口腔領域の良性腫瘍
・口腔領域の外傷
・歯の脱臼や骨折
・顎関節症

(上の写真は頬の内側にできた脂肪種です。昔話のこぶとり爺さんのこぶはこれが外側にできたものでしょう)
その他、お口に関するお悩みがある方も、一度きじまデンタルクリニックにご相談ください。親身になってご対応させていただきます。

【親知らずのはなし】正常な生え方のケース

正常な生え方のケース

上の写真は抜く必要のない親知らずです。上下の親知らず同士が正常に噛み合って、歯磨きもできる状態です。
このような保存すべき親知らずは積極的に治療をおこなって抜かずに噛めるようにします。

【親知らずのはなし】異常な生え方のケース

異常な生え方のケース

親知らずは生え方によって、歯磨きをきちんとすることが不可能な場合が多くあります。

右の写真は斜め下に生えた親知らずで、将来感染を起こす可能性があります。

歯として機能し得ない親知らずで、
手前の健康な歯を巻き添えにしてしまう恐れがあれば、早めに抜歯しておくほうが有利です。

顎関節症とは

口を開けたり閉じたりする時に、耳のあたりで音がしたり、痛みや違和感があるなどの症状があれば顎関節症を疑います。

症状としては
1. 顎の関節で音がする(関節雑音)
2. 顎の関節や耳の前が痛い(顎関節痛)
3. 口を開けにくい、顎の動きが異常(顎運動障害)

上の3つの症状(主要3症状)があるケースを顎関節症といいます。症状が3つ全部揃う場合も1つだけの場合もあります。
気をつけなければならないのは口が開けにくい(開口障害といいます)ケースです。まれに腫瘍や化膿性関節炎、破傷風の初期なども開口障害を呈することがあります。
これらの疾患でないことを確認したうえで顎関節症と診断します。

原因

歯ぎしり、外傷、噛み合わせの異常、ストレス、首の異常なポジション(頬杖など)、
大きく口を開ける習慣、無意識のくいしばりなど多岐にわたります。

治療法

・原因や誘因を除去する
・噛み合わせの調整をして顎関節を安静化させる
・理学療法
・鎮痛剤や筋弛緩剤を服用
・スプリント(マウスピース)療法
・顎関節腔の洗浄や関節鏡手術

などがあります。

TOPへ戻る